【保ビ研レポート】

保障ビジネスをしている人の勉強用のレポートです。全文を読むことができます。印刷することもできます。保険セールスのヒントが見つかるかも…。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
このレポートでは「さまざまなスタンスとテスティング手法」について、ご紹介しています。


●さまざまなスタンス

 変化の激しい時代です。今まで効果のあったやり方が、今後も効果があるとは言えません。私たちは、今後どのような方向でセールス活動をしていけば良いのでしょうか。
 「FP」「RM」「LP」「コンサルティングセールス」「ホールセールス」「専門家集団」など、今後のセ-ルスの形についていろいろなスタンスが示されています。どれも重要そうで、どれも今後の姿のようで、しかしまた、どれも到達するのが難しそうでもあります。

 前述のスタンスを簡単に説明します。ただ、実際には包括的に使われる場合も多いので、大体のイメージとして理解していただければと思います。
・FP(ファイナンシャル・プランニング)…保険を金融商品として提案する
・RM(リスク・マネージメント)…保険を予測されるリスクへの備えとして提案する
・LP(ライフ・プランニング)…保険を人生設計のひとつとして提案する
・コンサルティングセールス…お客様の相談に乗りながら指導し提案する
・ホールセールス…一家の保障全てを、また一人の人の全ての保障を提案する
・専門家集団…税理士、社労士、弁護士などの専門家のネットワークを組んで提案する

 どのスタンスがこれから求められるのでしょうか。確実なところは、自分で、日々の活動の中で確かめていくしかないでしょう。なぜなら、セールス活動はお客様があってこそで、セールス担当者側が勝手にスタンスを決めても、お客様が望んでいなければ受け入れてもらえません。お客様はさまざまなのですから、お客様の望む形もさまざまです。近年、お客様はますます多様化してきています。担当者の活動にとって大切なのは、全体の意識とか、限られた層の意識ではなく、自分の接するお客様が何を望んでいるのかです。
 では、それをどうやって日々の活動の中で確かめたら良いのでしょうか。1つの手法として「テスティング」という手法をご紹介したいと思います。


●「テスティング」手法とは「テストしていく」ということ

 「テスティング」手法というのは難しいことではなくて、「テストしていく」ということです。例えば、「こういうやり方をしてみたらこういう反応があって、こういうやり方に変えてみたらこういう反応があった。…ということは、お客さまはこういうことを望んでいるのだろう」という具合に、テストをしながら、一番効果的な方法を確立していく手法です。

 何も特別な手法ではなくて、誰でも日々の活動の中で、こうした方がいいんじゃないか、ああした方がいいんじゃないかと、試行錯誤を繰り返しながら、日々創意工夫していると思います。「テスティング」というのはその試行錯誤や創意工夫を、ただ漫然とするのではなくて、意識的にテストしていく、ということです。

 例えばAとBの2種類のアンケートを同じ数だけ使って、回答率や成約率を比べる。アンケ-トなどは、質問する項目の順番を変えただけでも、回答率や成約率が大きく違ってきます。答え易い項目が先にきていたり、質問項目の順番がニ-ド喚起話法につなげやすい順番になっていると、アンケ-トを取りながら人間関係を作り、ニ-ド喚起をし、お客様の感触などの情報収集もできます。

 また、アプローチブックなどで説明し終わった後で、お客さまに「どのページが一番気になりましたか?」「どのページはあまり興味がなかったですか?」などと聞いてみると、意外なところに関心を示したり、こちらの思うところと全然違ったりすることがあります。お客様の興味のありかが分かったり、お客様とのすれ違いが分かったりして、セ-ルスト-クの見直しに役に立ちます。

 今までは、日々の活動の中で自然と「カン」として身につけていったようなことかもしれませんが、今の時代は変化が大きく、速度が速いので、ぜひ意識的に「テスティング」して、自分のお客さまが何を思い、何を望んでいるかをつかんで欲しいと思います。
 テスティングのポイントは、お客様の反応を敏感に見ることです。

 今までの時代は「横並び」が効果のあった時代で、これからの時代は「個人の確立」が効果のある時代だ、とも言われます。セールス担当者も自分の得意分野を持ち、自分のスタンスを確立し、それを前面に押し出してアプローチすることが、コアなお客様を獲得する効果的な活動かもしれません。
 お客様にとっても、自分自身にとっても、心地良いスタンスはどこにあるのか、テスティングを繰り返すことで、見つけていただきたいと思います。


───────────────────────
<著作権・使用権等について>
※著作権は[保険ビジネス研究所]に帰属します。転売、転載はできません。
※個人のご使用に関しては自由ですが、組織的にご使用の場合はご一報下さい。
※ご使用上で生じた損害については一切責任を負いませんのでご了承下さい。
※内容の一部変更加工等については、別途加工料をいただいてお受け致します。
お問い合わせは、info2@hobiken.co.jp
───────────────────────
2008.05.21 | 総合力をつける | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://hobikenreport.blog110.fc2.com/tb.php/38-7133e40c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。